Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

貴理子いがいの歳の差婚げいのう人は誰?!

24歳年下の夫との離婚で世間を騒がせている磯野貴理子さん。「自分の子供が欲しい」と言う離婚理由も話題の一つになっています。

この歳の差結婚を色々な角度からみていきましょう。

有名人の年の差婚

・加山雄三さんの父 上原謙さん 大林雅美さん 38歳年の差

大林さんは、銀座でクラブ歌手をしていた時に俳優の上原謙さんと知り合い周囲の大反対を押切結婚。結婚16年で離婚。

上原さんの収入がなくなり喧嘩が絶えなかった。

・小柳ルミ子さん と 大澄賢也さん  13歳年の差

小柳ルミ子さんのバックダンサーとして全国を回っている間に恋に落ち交際1か月で電撃婚。

平成元年に結婚し平成9年に夫の賢也さんの浮気が報じられるようになり、平成12年に離婚。賢也さんが子供が欲しいと言ってきたがルミ子さんが賢也さんの収入では暮らせないと仕事をセーブしようとしなかった事から心が離れていった。

・加藤茶さん  加藤彩菜さん 45歳年の差

加藤さんが行きつけの割烹やさんでウエイトレスをしていた彩菜さんと出会い結婚。

当初は、お金目当ての結婚だと噂さてひどい嫌がらせをされてきた彩菜さん。

その後、モニタリングや他のテレビ番組で彩菜さんの本当の優しさが世間にわかってもらえ現在も仲睦まじく生活されています。

・ラサール石井さん 桃圭さん  32歳年の差婚

知人との夫の食事会の時に知り合って4か月でスピード婚。桃圭さんは、その時現役の大学生で薬剤師目指して猛勉強中でした。

ラサール石井さんは、将来孤独死したくなかったと再婚した理由を話され、奥様の桃圭さんはとにかく、若い人より年寄りがスキっと変った事を言って周りを笑わせていました。

桃圭さん自身ミーハーな女子大生と言った感じはなく、とてもスタイルのイイ美人なオタク系でメディアに出ることもあまりなかったせいか年の差婚でありながら悪い噂や嫌がらせはなかったと思います。

・篠原涼子さん  市村正親さん  25歳年の差婚

舞台ハムレットで競演し、付き合いが始まった。当時市村さんは、ご結婚されていましたが別居・離婚となり、その後篠原さんとご結婚されました。

・吉田美和さん ファジー・コントロール鎌田樹音さん   19歳年の差婚

ドリカムのシングルに鎌田のバンドが参加し、2人は出会い結婚。

・秋吉久美子さん  日系アメリカ人男性 

 26歳年の差婚

旦那さんは、息子さんと同じ歳。結婚生活は、毎日が滝修行のようだったそうです。

こうやって見てみると、全員ではありませんが夫婦の年の差と夫婦の収入の差が何となく比例していますよね。

更に、女性の方が年上の場合絶対的に地位と収入は高いと言えますよね。

全てにおいて甘えらるところが魅力といったところなんでしょうか?

夫婦の離婚問題に詳しい 離婚カウンセラーの岡野あつこさんは、貴理子さん夫婦と親交があり自身も24歳年下と離婚経験があります。

岡野あつこさんのお話をきいてみると

一部で旦那さんへの批判の声が出ているが元夫と知り合いだから理解できる部分もある。

旦那さんと面識がありますが、あの若さでとてもしっかりした人で貴理子さんに対してもとても愛情深く接してきたからこそ巣立っていきたいという意思表示は許せる。

離婚は、決して後ろ向きな事ではない。

年上妻は、あした結婚生活が終わっても仕方ないなっていつもそういう気持ちでいる。

今日の幸せが今日続いて良かった。明日なくなってしまうかもしれない。

年下夫との離婚は、やっぱり成長させてもらえるんですよ。

自分が見込んだ夫が成長して独り立ちっていったら変だけど私の力を借りずともいけるところで貴理子さんもエールを送りたいと言う気持ちじゃないか。

親子位歳の離れた男の人を好きになる事ってそうそう一般人にはないと思うので、離婚カウンセラーの岡野あつこさんの話は、そうなんだ~と参考になりますね。



年下夫との離婚が自分を成長させてもらえると言う部分は、自分の子供が巣立って行く感情ですよね。

女性が年上の歳の差婚は、経済的にも精神的にも自立していて更に母性本能あふれる女性がするもんなんだな~と感じました。

続いて、アディーレ法律事務所 長井 健一弁護士にお話しを伺うと

円満な夫婦関係を続ける秘訣は、年長の方が容姿や動作が変って行ったり年齢がもっといくと介護が必要になるかもししれない状況が起こる。

その時に年下の方が支えて行けるんだろうか? 世話を生きがいとしてやっていけるんだろうか?と当然かんがえています。

具体的に考えていけば自分がやっていけるのかどうかもう少しはっきりする。

それが一つ大きいかなと思う。



これは、ちょっとどうなんでしょうか?

年齢問わず病気やケガで人生何が起こるか分かりませんよね。弱ったり、年取って老けたら結婚生活の継続を考えるって事は、はじめっから結婚に向いてないですし、人間として悲しすぎますよね。

しかし、悲しいかなトキメキは脳内麻薬のドーピング反応なので永遠には続かないのも真実。

歳の差婚だけではなくやはり、結婚生活をつづけるには忍耐と努力が必要かもしれませんね。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です