Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミシュランおにぎりが家でつくれる?!【前と後】

マヨネーズをつかって、料理が美味に!簡単!

おにぎりをプロから学ぶとどんな味に!

今回は、お金をかけずに手間もかけずに、今までやってきた料理が格上げされる技が習得できます。
どこのご家庭にもあるマヨネーズを使って。
そして、誰でも作った事のあるおにぎりが、作り方を変えるだけでプロの味へ。
目からうろこです。


マヨネーズの3大活用術!

ぱらぱらチャーハンを作る方法は、今までにも色々ありましたが今回は、今までになかった方法です。

マヨネーズを使います。

まず、お茶碗2杯分のご飯に対しマヨネーズ大さじ2杯分を入れよく混ぜます。あとは、ご飯を炒め卵やおネギなどをまぜて普通に作ります。

マヨネーズの油がお米一粒一粒をコーティングするのでパラパラに仕上がります。

実は、卵を混ぜてパラパラにする方法が私的に味がイマイチだったので、マヨネーズならパラパチャーハン美味しくできそうです。

続いて、お次は天ぷらです。

天ぷらにマヨネーズを使うと激変します。

通常の天ぷらは、小麦粉・水・卵 マヨネーズ入り天ぷらは、卵の代わりにマヨネーズを入れます。

こうする事でサックサクになります。

作り方は、簡単です。

マヨネーズ大さじ1に水75mlを少しづつ加えてよく混ぜます。そこに小麦粉を50g加えます。

その時、小麦粉の粉が少し残る感じで混ぜます。

ダマが残っている方が天ぷらが美味しくできます。

マヨネーズ入りと普通の天ぷらとを比べてみました。マヨネーズ入りの方が良く上がっています。

色もこんがり。

お味の方は、マヨネーズ入りの方がサクサク感が全然違います。

なぜ、マヨネーズを使うとサクサクするのか?

普通に天ぷらを揚げると水分が衣に残ってしまうのでべたっとします。マヨネーズには、油が含まれているので、衣の中のマヨの油が高温になって、水分を蒸発させてサクサクになります。

次は、びっくり主婦20人が絶賛した油で揚げないエビフライです。

これは、すごいです。電子レンジを使って作る方法はありますが、マヨネーズを使って出来るとは思わなかったです。

手順は、たったの3つです。

エビにマヨネーズをぬり、パン粉を付けてオーブントースターで5分焼くだけ。

えー簡単すぎる~。でも、お味の方は、どうなんでしょうか?

サクサクして揚げたみたい。マヨネーズの味がほんのりして、逆にそれが良い効果になっています。


マヨネーズは、調味料としてだけでなく料理の難しい技に一役かってくれる事が分かりました。

チャーハンは、ぱらぱらに・・・・天ぷらは、サクサクに・・・・

面倒な揚げ物は、トースターでチン!

マヨネーズが無くてはならない存在に!私も今日からマヨラーです。

それでは、続いて行楽シーズンや毎日のお弁当にも大活躍のおにぎりについてです。

じつは、おにぎりは簡単なだけに奥が深いのです。

美味しいおにぎりについて調べてみましょう。

それでは、おにぎりのプロ3人に聞いてみましょう。

まず、最初はお米の研ぎ方です。

お米は、軽く洗うだけです。お米を水でさっさっっと5秒から8秒洗うだけです。

研いではダメです。ミッシェルガイドに載ったおにぎり屋さんの店長は、ぬかがご飯のうまさの一つだと思っているので研ぎすぎるとご飯臭さが減ってしまうと言われています。

そうなんですね。勉強になります。

研げば研ぐほど美味しくなると思っていました。

おにぎりを作るときは、軽く洗って風味を残す。

次は、浸水時間です。

洗ったお米を30分間水に浸す。

そうする事で時間がたってもふっくら食べられます。

続いて、水加減です。

おにぎりにする場合は、水は少なめにして硬く炊きます。

1合につき大匙1強減らします。さらに、人気おにぎり屋さんの店長さんは、日本酒を大匙1加えます。

日本酒の糖分がお米をふっくらさせるそうです。日本酒が家にある人は、試してみる価値ありますね。

こうやって、できたご飯は、もちろん硬いです。でも硬くていいのです。

さて、いよいよ握っていきます。

ご飯の温度は、?

少し冷ましてから握ります。人気おにぎり屋さんお店長は、60℃でにぎります。

ご飯が炊けたら一度おひつやボールに取り出ししゃもじでご飯を上下数回ひっくり返します。そうすると、だいたい60℃になります。

60℃前後っていうのは、なぜなのか?

人肌ぐらいまで下がるとくっつきやすくなり、あんまり熱いと今度は、海苔がパリッとしないからです。

混ぜる事でお米が空気を含み口当たりが良くなります。

次のポイントは、握る回数です。

優しく3回握る。

おにぎり人気店の店長は、おにぎりを握ってないのです。

おにぎりなのに、握らないってどういう事?

まず手を水で冷やします。そして、しっかりと手の水分をふき取ります。

手のひらサイズをまな板に広げます。更にその上に同じ量をふわっと上からのせます。

塩は、中指の第一関節分位つける。これをてのひら全体になじませます。両手で三角の上部分をきゅっと押さえたら、片手でまな板の端にもってきて、片手で受けてひっくり返す。

そして、又両手で三角の山をぽんっとおして一とおさえる。

出来上がりです。

握るっというより、きゅっとポイントポイントを抑えるって感じです。

ミシュランガイド掲載のおにぎり屋さんの握り方は?

塩加減は、指先3本分。これをよく手になじませたら軽く三回にぎって形を整える。最後に乗りをまけば完成です。



今回は、本当に勉強になりました。

特にお金をかけなくてもマヨネーズで、ぱらぱらチャーハン サクサク天ぷら。

そして、簡単だけど奥深いおにぎり。

お米の研ぎ方、洗い方、そして握り方を今までのやり方と変えればプロ級のおにぎりが味わえますね。

お米は、さっと洗って硬く炊いて、軽く握るってですね。今までこれの逆をやっていました。

是非、試してみたいと思います。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です