Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自転車パンク防止に驚異の接着剤!魔法の液体とは?【大阪ほんわか】

魔法の液体で日常のお悩みを解決します。

目次

①自転車のパンクを防止する魔法の液

②何にでも修復可能な接着材

③しなしな天ぷらがサクサク天ぷらに

④ヨレヨレお札がピン札に



自転車のパンク防止

NOTUBES シーラント 1944円(税込み)

これをタイヤの中に入れていきます。

それだけで、

前輪がクギの上を通過しても

その後、ぜんぜん普通にこげてしまいます。

さらに、クギを縦に並べてその上を通過

ぜんぜん空気は、抜けません。

クギが突き刺さった部分からは、白い液体がもれています。

試しに液体を使っていない自転車でクギをふむと、とたんにタイヤは空気が抜けてブヨブヨになってパンクしてしまいました。

しかし、どうしてパンクを防げる事ができるのでしょうか?

この白い液体に小さい粒粒がたくさん入っていいます。

タイヤやに穴が空くと液体と粒粒が外に噴射します。

その粒粒が穴をふさぎパンクを塞ぐ事ができるのです。

パンクしても走っているだけで勝手に補修されるというわけなんです。

何回パンクしてもこの液体が入っている限りは、塞いでくれます。

パンクによる空気漏れだけではなく劣化による空気漏れも防止してくれるのです。

さぁ、自転車に乗ろうとした時に劣化による急なパンクで乗れなくなり困る事があったのですがこれを使えば安心ですね。

つづいては、

超万能接着剤「ボンディック・エヴォ」  

3434円(税込み)です。

液体のプラステックです。

とろとろした液体です。

使い方の例ですが、鼻の部分が壊れてしまった眼鏡につけていきます。

そして、UVライトを当てると

液体を固める事ができて、修復することができます。

こちらは、何もしなければただの液体なのですが、UVライトを当てるとたった4秒でカチカチになります。

紫外線を当てる事で固まる万能接着材です。

これで元通り

金属・ガラス・木材などほぼ全ての素材を接着可能。

グラスにつけてみます。

テーブルでトントンしても外れません。

その他 

他の接着剤ではできない有る事ができます。

水の中でもUVライトを当てると固める事ができます。

こうやってガラスの底からUVライトを当てます。

これで、4秒後

固まりました。

しかも、通常の接着剤の様に指にくっついてイライラする事がありません。

ただし注意が必要です。太陽光に当たると固まってしまうのでしっかりと洗い流してください。

これで、固まってしまったら大変なことになりそうですね。

驚異の復活と言えば続いてはこちら

あの液体につけるだけでしなしな天ぷらが

サクサクに

ちなみにあの液体を使わずに揚げなおしてみるとめちゃくち 硬いです。

油が回っているのか全体がかちかちになっています。

その液体とは、水道水でした。

買ってきた天ぷらを一回水に入れます。

そして、キッチンペーパーで余分な水分をとります。

低温の油で揚げなおせばこの通りサクサクに!

外側は、カリッと中身は固くなっていません。

水につけると衣が水分を吸収、それが揚げた時に蒸発し空洞ができてサクサクになります。

ただし、水分がついたまま揚げると油が飛び散る事があるのでしっかりと水分をとってあげてください。

続いて、復活させるのはシワシワのお札

結婚式等のおめでたい時に使いたいのに新札がなくて困った時に使えます。

冷蔵庫のあれで復活させる事ができます。

大根おろしの搾り汁で復活させることが出来ます。

大根おろしのしぼり汁をキッチンペーパーに包んでお札になじませる様にすり込みます。

両面にしっかりとしたとなじませます。

あとは、低温に設定したアイロンでのぼしていくだです。

あっという間にきれいなピン札になりました。

ちなみにしわしわのお札を普通の水につけてアイロンをかけても

ピン札には戻りません。

実は、お札の表面には強度を増すためデンプンが塗られています。

そして、大根の消化酵素にはデンプンを柔らかくする効果があります。

なので、この状態でアイロンをかけると大根おろしの水分だけが蒸発してデンプンが固まってピン札になります。

ホログラムは、熱に弱いのでアイロンが当たらないように注意してくださいね。



覚えておくといざと言う時に役立ちそうですね。

何か大切な物が壊れた時には魔法の接着剤を思い出しましょう。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です