Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【画像】中高年メイクで若返り!テクニックは目から鱗

メイクで何とか若返りたい!流行りのメイクや若かりし頃のメイクをしてみるけど、なんだかパットしないな~と感じてらっしゃる中高年の方必見です。

目から鱗のメイク方法を中高年向けメイク教室の浅香純子さんと一緒に勉強していきましょう。

まずは、中高年の顔の変化を学んでいきましょう。

若い時は、こんな感じです。

それが、だんだんと鼻の横にしわ口の横にしわと不機嫌そうな顔になり、口角が下がる事で上唇が薄くなる。でも、1か所だけ上がるところがあります。

上がるところ!?って喜んでは、いけません。

なぜなら、

それは、眉毛です。眉毛が上がり顎がモタ~っと下がり全体的に顔が間延びした感じになるからです。

それが、こんな感じ。

ショックですね。でも出来る限りメイクで頑張って若返っていきましょう♪

さあ、ベースからスタートです。

ある程度齢がいくと血流が悪くなり溜まった老輩物が流れ無い為色がくすんできてしまいます。

その問題を解決してくれるのが、黄色と仲の良いオレンジのメイク下地クリームです。

明るく見せるためにピンク色のファンデーションを塗ってしまうと首の色との差が出てしまうので注意です。

手のひらに3センチほどメイク下地を出したら薬指と中指の2本全体でスッととります。

それを鼻の横から刷り込むのではなく優しくスーッと塗っていく。顔全体に軽いタッチで伸ばしていきます。そうすると、黄ぐすみが取れてきました。

顔の色が明るくなりましたね。

さあ、つぎはファンデーションです。

顔の色が明るくなったのでファンデーションの量は、うんと少なくって大丈夫です。下地をオレンジ色で丁寧に塗ればファンデーションは、少なくてすむのです。

それでは、ファンデーションを塗っていきましょう。ファンデーションの取り方にポイントがあります。ファンデーションは、手前に3回軽く半分位つけます。

こんな感じです。

ファンデーションがスポンジでムラになっているところを指でならしていきます。こういう細かな作業が大事なんです。

スポンジを軽くあて力を入れない様に伸ばす。ファンデーションをつけすぎてしまうとシワが目っだってしまいますのでご注意を。

小鼻など狭い部分には、スポンジを半分に折って使う。

軽く叩く感じでつけていく。これで、ファンデーション完了です。

お次は、コンシーラーです。

ファンデーションで隠しきれなかったシミだけをコンシーラーで消していきます。

小さいシミは、ブラシにコンシーラーをつけ、その後ブラシを手の甲でトントンとたたき粉の量を調整します。肌になじませるように塗っていきます。

大きなシミは、中指に軽く取りブラシの時と同じ様に粉の量を調整し肌に塗ります。

これで、ベースはOKです。

次は、チークです。

フェイスラインの縦にチークを入れて間延びした顔をさらに長く見せてしまっている方を見かけますと浅香純子さんが言われて…ドキッとしてしまいました。

なんと、チークは横に入れるのが正解なんです。

それでは、実際にチークを入れていきましょう。

ポイントは、オレンジとピンクの使い分けです。

まずは、オレンジの粉をたっぷりと取ったらブラシを逆さにして軽く叩いて筆先の粉を奥へと沈めます。

ブラシは、耳の横から小鼻に向かって矢印の方へ入れていきます。

こうする事で間延びした顔が引き締まります。

次は、ピンクです。

ピンクの粉は、毛先に軽く取る。先ほどと同じ様にブラシを逆さにして粉を奥へと沈める。

入れる場所は、黒目の真下小鼻の上の横です。

この部分に入れる事によって、顔にリストアップと目の下のクマ隠しになります。小さな円を描くようにつけていきます。

今回は、ここまでです。次回は、リップと眉・目元もメークを勉強します。

今までメイクと違ったポイントは、

  • 下地クリームは、オレンジ色。顔色を明るくする。
  • 下地クリームは、オレンジ色。顔色を明るくする。
  • コンシーラーは、ファンデーションの後。無理のない肌作り。
  • チークは、横に入れて間延びした顔を引き締めます。オレンジとピンクの2色使い。

ファンデーションの色の選び方は、唇の下など首の近いところにチョンとつけてみて、首の色と差を感じない色を選びます。

ベースが仕上がったところで、明日はカラーをのせていきます。こちらも、またまた目から鱗です。

読んで頂き有難うございました。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です